デイサービスで働くのに役立つ資格

デイサービスで働くのに役立つ資格

あると役立つ資格とは

Pocket

役立つ資格

これから介護士としてデイサービスで働くことを考えたら無資格で働き始めることができますが、やはり収入を上げたり、より仕事の幅を広げたりすることを考えれば資格を取得することが近道となります。
また、就職をする際にも資格の有無で大きな差が出てくることも間違いありません。資格なしでも応募することのできる施設が近年では増えてきているとは言え、やはり施設側からすると介護士の資格を持っている人の方が優先する傾向があります。介護士の資格には短期間で取得することもできる資格もありますので、資格について知っておくことに損はありません。デイサービスで働くのに役に立つ資格について紹介していきます。

ケアマネージャー

ケアマネージャーの資格は難易度が高く、取得することが難しい資格ですが、ケアマネージャーの資格を取得することができればその難易度にふさわしい仕事をすることができるようになります。介護業界に長く携わりたいと考えている人、介護士としてもっとスキルアップしたいと考えている人は目指すべき資格と言えます。

介護職員初任者研修

次に紹介する介護職員初任者研修は介護の資格の中でも最も取得しやすい資格と言えます。以前はホームヘルパー2級と言われていた資格となります。介護士への就職や転職を目指すのであればまずこの資格を取得してからという人も多く、取得ができる環境や機会があれば積極的に取得すべき資格です。

実務者研修

実務者研修は以前ホームヘルパー1級と呼ばれていた資格であり、介護職員初任者研修の一つ上の資格です。実務者研修の資格を有していることがさらにもう一ランク上である介護福祉士と呼ばれる国家資格の取得条件でもあります。この資格を取得することで介護士としてのスキルアップができるため、介護福祉士を目指す上では欠かすことのできない資格です。この資格を取得していれば就職、転職で大きな効果が期待することができるはずです。

介護福祉士

介護福祉士は介護士の資格の中で唯一の国家資格であり、介護士なら誰しもが目指す資格と言えます。受験資格には実務者研修の資格を有していることと、3年以上の実務経験を積んでいる必要があります。
介護福祉士の資格は介護職員初任者研修や実務者研修の資格よりも、有しているかいないかでかなり違いが出てくる資格です。高待遇で好条件の職場に就職できる可能性が大きくなり、持っているだけでサービス提供責任者になることができるため介護業界でとても重宝される存在になることができます。

今人気のデイサービスのお仕事

デイサービスはこれから日本が迎える超高齢化社会においてとても重要な役割を担う施設です。そのため国が労働環境に関する問題に積極的に動いてくれるため、実は働きやすい職場が多いです。

デイサービスで働こう!

デイサービスで働こう!

当サイト「Let'sデイサービス」はデイサービスで働くことに興味を持った人に向けて、実際にどういった仕事なのかといった基本から仕事をする上で意識したいことなど実務に関することまで幅広く紹介します。<お問い合わせ先>