デイサービスで仕事中に気を付けたいこと

デイサービスで仕事中に気を付けたいこと

お仕事中に気を付けたいこと

Pocket

気を付けたいこと

どのような仕事でもそうですが仕事をしていく上でその内容によってリスクはあります。それらを理解した上で働くことが、働き続けるという意味でもとても大切なことになります。
デイサービスにおいても特に日頃から意識したいこと、気を付けたいことは存在しています。仕事をしていく前にこれらをよく理解した上で、万が一のことが起こらないように仕事をしましょう。

基礎体力の維持をする

デイサービスの主な仕事内容である利用者の介助という面から、ある程度の体力がなければ働き続けることは難しいです。そのため、体力に自信があるという人や、何かスポーツを続けている人でも普段とは違う筋力を必要とするため、介助で使うための身体の動かし方のコツを覚えて負担を軽減させることが大切です。肩と腰は特に年を重ねていくことで衰えてしまいがちな箇所ですので、特に意識して働きましょう。

健康面の注意

デイサービスの利用者は共通して高齢者ですので、若い人と比べると免疫力などが低い人がほとんどです。そのため、風邪を引きながら働くことは利用者に移してしまうリスクがあるので特に気を付けなければなりません。介護スタッフは多く働いていますが、利用者からすると同じ人にできる限り同じ人や気に入っている人に介助を受けたいというケースが多いです。
こういったことをよく考えた上で、日頃の生活習慣や食生活を意識して健康面に注意しながら働くことはとても大切です。また、健康面に注意して万全の体調で働けることで気持ちにも余裕が出てくるので、利用者からの要望や施設の状況によって柔軟な対応をすることができることにもつながります。

リスクをよく考える

デイサービスの利用者は若い人たちと違い、1回の転倒によって歩くことが困難になってしまうなどの大きな事故につながってしまいます。仕事中は転倒事故などに特に気を使って介助を行っていく必要があります。例えば入浴時は床が滑りやすくなっているなどの状況から、水滴をこまめに拭いておいたり、自分が滑らないような体勢を保つなどのリスクをなるべく減らす配慮をしましょう。
様々な場面で自分とってリスクではないことでも高齢者にとってはリスクが高い行動となることがあります。こういったリスクをよく理解してなるべく事故が起きないように気を付けることが非常に重要になります。中には介助を断る利用者もいますが、リスクが高いと判断できる行動は安全を優先して動けるように様々なことを気を付けましょう。

今人気のデイサービスのお仕事

デイサービスはこれから日本が迎える超高齢化社会においてとても重要な役割を担う施設です。そのため国が労働環境に関する問題に積極的に動いてくれるため、実は働きやすい職場が多いです。

デイサービスで働こう!

デイサービスで働こう!

当サイト「Let'sデイサービス」はデイサービスで働くことに興味を持った人に向けて、実際にどういった仕事なのかといった基本から仕事をする上で意識したいことなど実務に関することまで幅広く紹介します。<お問い合わせ先>