デイサービスの職場で働く様々な職種

デイサービスの職場で働く様々な職種

介護士以外にも様々な人が働く職場

Pocket

様々な職種

デイサービスは高齢者のサポートをしている施設ですが、介護士以外にも多くの職種の人たちが働いています。介護士が中心となって活躍している職場ではありますが、生活相談員、ケアマネージャー、機能訓練指導員、看護師などがいます。
それぞれの職種で役割と仕事内容が異なっており、介護士は同じ職場で働く別の職種の人とも上手に連絡を取って仕事をしていく必要があります。欠かすことができない存在である介護士同様に、他の職種も欠かすことのできないスタッフです。

生活相談員

生活相談員はデイサービスにおいては裏方のような役割を担っています。利用者とその家族の人たちが快適なサービスを受けられるように相談を受けたり、働く側であるスタッフが効率よく働けるように調整をするなどが主な仕事内容になります。

ケアマネージャー

ケアマネージャーは利用者の介護利用に関する相談を受けたり、利用者や家族の希望に沿ったケアプランの作成をします。他にも多くの役割を担っており、書類作成代行であったり、業者や介護施設との橋渡し的な役割であったり、新規利用者の獲得などその仕事内容と役割は多岐に渡ります。
仕事の目的としては利用者とその家族の希望に沿った介護を受けてもらうことが目的になるため、利用者がどのようなことを希望しているのか、家族はどう考えているのかを深く理解することから始まります。そしてその希望に沿う介護サービスを受けられるように多くの選択肢から介護サービスを選ぶ手助けをします。

機能訓練指導員

機能訓練指導員は介護者のリハビリを主に行う専門家の役割を担っています。特別養護老人ホームに比べると少ないですが、デイサービスを利用している人の中には身体が不自由な人も少なからずいます。このような利用者が早く自立して生活をできるようにするためのサポートをします。

看護師

デイサービスにおいての看護師の役割は健康管理が主な役割となっています。毎朝利用者のバイタルチェックを行って、利用者の健康状態を確認することが仕事内容となり、利用者の健康になにか問題のある時にはその状態に沿った判断をすることが求められます。その状態によっては病院へ向かい、医師からの指示を受けることもあります。また、その仕事内容から現場では介護士との連携がとても重要になるため、常に看護師と介護士の双方が利用者に何か問題が生じた時に対応できるようにしておく必要があります。

今人気のデイサービスのお仕事

デイサービスはこれから日本が迎える超高齢化社会においてとても重要な役割を担う施設です。そのため国が労働環境に関する問題に積極的に動いてくれるため、実は働きやすい職場が多いです。

デイサービスで働こう!

デイサービスで働こう!

当サイト「Let'sデイサービス」はデイサービスで働くことに興味を持った人に向けて、実際にどういった仕事なのかといった基本から仕事をする上で意識したいことなど実務に関することまで幅広く紹介します。<お問い合わせ先>